京都情報

Blog

浴衣の歴史

夏になるとお祭りや花火大会などで浴衣姿の人をよく見かけますよね!

 

皆さんは、浴衣が昔どのようにして着られていたのか知っていますか?

 

今回は浴衣の歴史を学んでいきましょう★

 

 

まず、浴衣の起源は平安時代まで遡ります。

 

当時の貴族が蒸し風呂に入る時に水蒸気でやけどをしないように着ていたのが浴衣の始まりとされており、

元々は「湯帷子(ゆかたびら)」と呼ばれるものでした。

 

 

浴衣が庶民の間に広がったのは、風呂屋が普及してきた江戸時代後期で、

初めは湯上りの汗を拭き取るために着ていたようです。

 

それが次第に下着から外出着へと用途を変え、

盆踊りや花見などに浴衣で出かけることが流行しだしました。

 

夏の普段着として全国的に浴衣が着られるようになったのは、

大量生産が可能な「注染」という染色方法が発明された明治時代からだと言われています。

 

最近では夏のおしゃれ着として着用されている浴衣ですが、

最初は入浴時の着衣として使用されていたのですね!

 

今年の夏はもっと気軽に浴衣を楽しんでみませんか?

 

浴衣

浴衣

 

オプションも多数! オプションも多数!

ヘアセット
ヘアセット
プロのスタイリストによるスタイリングが格安で体験!
実際にブライダルで活躍するスタッフが担当いたします!
980円
髪飾り
髪飾り
プロのスタイリストがトレンドにあった
オシャレなコーディネートを提案させて頂きます!
安心の高クオリティ!
500円
翌日返却
翌日返却
夜の京都を満喫したい方は必見!
ご利用日の翌日に返却が可能です!
(※有料)
1000円
ショール
ショール
500円(税別)
男性羽織
男性羽織
1,000円(税別)
女性羽織
女性羽織
1,000円(税別)
この他に名古屋帯や飾り紐などもご用意しております! この他に
名古屋帯や飾り紐なども
ご用意しております!